きょうの動意株

五洋建が連日の高値、名護市長選が帰趨を左右

1893 五洋建設 株価チャート

 五洋建設(1893)が連日の昨年来高値更新。前日比16円高の415円まで値を上げている。「沖縄県知事による辺野古沖の埋め立て容認が引き続き手掛かり材料。実現すれば、同社の受注が見込まれる」(中堅証券)という。しかも、19日には地元の名護市長選挙が控えており、推進派が勝利すれば同社株への人気はさらに盛り上がることが予想される。

 市場関係者は「同社株はいまや、建設株をリードする存在になっており、2006年4月以来、約8年ぶりの500円奪回も期待される」と意気込むが、選挙の結果いかんで週明けには波乱もありえる。

記事中の会社を詳しく見る

五洋建 (1893)

ページトップ