きょうの動意株

太平電は急反発、「西日本の原発に強い」とあり川内原発を材料視

1968 太平電業 株価チャート

 太平電業(1968)は前場5%高の679円(33円高)まで上げ急反発。「西日本の原発に強い」と四季報にあり、九州電力(9508)の川内原発1、2号機(鹿児島県)の安全審査を原子力規制委員会が優先的に進めると伝えられ、連想買いを巻き込んだようだ。当面の業績は冴えないものの、原子力発電所に関連する受注がほとんど停止状態のため織り込み済みの様子。

 中長期の値動きをみると、昨年7月以降の調整基調では600円台でダブルボトム(2点底)を形成しているため、買い安心感があるという。需給が引き締まっているため材料次第では大きく動き出す可能性があるようだ。

記事中の会社を詳しく見る

太平電 (1968)

ページトップ