きょうの動意株

シャープは底堅い、パナソニックの「二匹目のドジョウ」期待外れ

6753 シャープ 株価チャート

 シャープ(6753)は10時20分にかけて165円(4円安)前後での推移となり、昨日、大幅な赤字拡大の見通しを発表した割には底堅い。朝方も160円で下げ止まり、10月につけた年初来の安値142円を割る様子はなし。昨日は、大幅な減額修正を発表したパナソニック(6752)がストップ安となったため、「二匹目のドジョウ」を狙う動きもあった模様だが、こうした向きにとっては期待外れの展開になった。シャープ株は、すでに信用売り残が高水準で、買い残とほぼ同水準。仮に下げた場合、こうした売り建て玉は利食いの買い戻しに転じるため、株価の下支え要因になるという。この点、パナソニックは買い残が多く、処分売りの影響が大きかったようだ。

記事中の会社を詳しく見る

シャープ (6753)

ページトップ