きょうの動意株

スターバックスコーヒーは連日高値、公園への出店など材料視

 スターバックスコーヒージャパン(2712)は後場、5万1900円(200円高)で始まり、前場の高値に顔合わせ。2日連続の高値更新相場となった。08年5月以来の水準。手掛かり材料としては、著名な公園に出店する「公園シリーズ」の成功などを語った同社CEO(最高経営責任者)へのインタビュー記事が大手流通新聞に掲載されたことがある様子。このところ、カルビー(2229)や明治ホールディングス(2269)、キッコーマン(2801)など、ディフェンシブ銘柄の中に高値更新が目立つこともあり、買い安心感があるという。5万5000円どころまでは大きな圧迫が見られないとの観測がある。

ページトップ