きょうの動意株

J.フロントリテイリングは月次好調を見直す様子になり反発

3086 J.フロント リテイリング 株価チャート

 J.フロント リテイリング(3086)は反発の始まりとなり、701円(4円高)で始まったあと708円と上値を指向。大丸、松坂屋の持株会社で、今年1-7月の全国百貨店売上高(日本百貨店協会20日発表)が前年同期比1・5%の増加となり、J.フロントが15日に発表した7月の月次動向(連結営業報告)は売上高15.8%増だったことを評価し直す雰囲気があるという。株価は7月下旬から調整基調のまま昨日696円まで軟化。しかし、5月から6月にかけての調整局面では700円前後で下げ止まり反騰したため、値幅整理はそろそろ終了との期待が出ている。信用売り残がけっこう残るとの見方があり、株価が下げ止まれば買い戻しが増えて反騰を増幅する可能性があるようだ。

記事中の会社を詳しく見る

Jフロント (3086)

ページトップ