きょうの動意株

富士フイルムHLDは持ち直す、減額修正の影響は軽微の可能性

4901 富士フイルムホールディングス 株価チャート

 富士フイルムホールディングス(4901)は前場、1766円(59円安)まで下押したものの、前引けは1800円台を回復。昨日、今3月期の業績予想を減額修正したため、様子見気分の強い展開ながら、下値の固さが目立つと見直す動きがあった。修正後の予想1株利益は103円80銭。株価はPER17倍前後になり、日経225種銘柄平均の18倍台からは、いぜん割安感がある。PBRも0.5倍台。チャート観測では、11月から右肩上がりの25日移動平均に支えられる形で下げ止まったため、ジリ高基調の中の微調整にとどまる可能性があるようだ。

記事中の会社を詳しく見る

富士フHD (4901)

ページトップ