きょうの動意株

住友不は反発、米国の緩和継続や好決算に期待し不動産株軒並み高

8830 住友不動産 株価チャート

 住友不動産(8830)は朝寄り後に4725円(85円高)をつけて反発基調。前週末に発表された米国のGDPや個人消費などの経済指標が金融緩和の継続を期待させるものとなり、日本市場への波及効果などに連想が広がったようだ。米国では今週、FRB(米連邦準備理事会)の議事録公開や雇用統計の発表もあり、手掛かり材料は豊富な形。株価はPERが30倍台後半に達するものの、たとえば三菱地所(8802)の80倍台に比べれば割安。今朝は大手不動産株が軒並み高いため、買い安心感があるようだ。3月決算の発表は5月14日を予定。これに向けて好業績に期待する相場が盛り上がる可能性はあり、チャート観測でも4月8日の高値から日柄調整が進展したことに注目する様子がある。

記事中の会社を詳しく見る

住友不 (8830)

ページトップ