きょうの動意株

ソニー続伸、テレビ分社は意表を突くが、赤字とあって上値は限定的

6758 ソニー 株価チャート

 ソニー(6758)は続伸。1680円(56円高)で始まったあと9時25分に1707円まで買われている。昨日、パソコン事業の売却やテレビ事業の分社化などを発表した。意表を突く大胆な構造改革との受け止め方があるほか、NYダウの大幅反発と為替の円安も好感されている。

 ただ、これら構造改革による展望がいま一つはっきりしないといった見方があるのも確かで、朝一番の買いが一巡した9時20分にかけては、なかなか1700円に乗らず売買交錯する場面もあった。14年3月の純利益の見通しを1000億円の赤字に下方修正したためPERでの評価ができなくなり、当面はリバウンド相場としても上値メドは1月初の水準である1800円どころとの見立てが少なくないようだ。

記事中の会社を詳しく見る

ソニー (6758)

ページトップ