きょうの動意株

資生堂は高値に接近、国内売上高回復し信用需給などに期待感

4911 資生堂 株価チャート

 資生堂(4911)は朝寄り後に1364円(37円高)をつけて続伸の始まりとなり、年初来の高値1372円に迫った。月次の国内化粧品売上増減(2月分)が前年同月比横ばいとなり、1月までの3ヵ月連続の減少から回復したことを材料視する動きがある。前年同月の「うるう年」を考慮すると、実質的には増加に転じた模様。期待が再燃したようだ。株価はPER50倍前後のため、割高感が強いものの、3月以降はこの水準で推移しているため、相場には織り込まれたとの見方がある。このまま株価が強いようなら、買い戻しが増加する可能性があり、信用売り残の多さからみて値幅高に発展するとの期待が出ている。

記事中の会社を詳しく見る

資生堂 (4911)

ページトップ