きょうの動意株

住友不販売は高値更新、黒田日銀総裁の発言に戻りの強さ目立つ

 住友不動産販売(8870)は朝方の5300円(140円安)を下値にジリジリ持ち直し、11時を回って5500円と前日比でプラス転換。黒田日銀総裁が午前、就任後初めて国会答弁を行ない、大胆な金融緩和を改めて強調したと伝えられ、昨日つけた2008年来の高値を更新した。不動産株や含み資産の倉庫株などが軒並み持ち直す中で、本日は東急リバブル(8879)もプラスに転換し、戻りの強さが目立つ印象。ともにPERは20倍を超えるものの、信用倍率が1倍ソコソコで需給妙味は強いという。値動きも、ともに3月以降は値幅が大きくなる傾向があるようだ。

ページトップ