きょうの動意株

セコムは豪・国防省からの受注を好感し反発、信用取組も拮抗

9735 セコム 株価チャート

 セコム(9735)は40円高の5600円と前週末の下げを取り返す反発となっている。前週末にオーストラリア国防省から国防施設16カ所のセキュリティー対策を受注したと伝えられ、本格的な海外展開の一歩と期待されている。チャート観測では75日移動平均を割ると下げ渋り反騰する傾向があるため、今回も買い安心感があるという。第1四半期(4-6月)決算は8月7日に発表済みで、連結売上高が前年同期比14.6%増、営業利益も同19.0%増と好調。株価はPER19倍前後のため割高感は強くない水準。目先は5800円の高値水準で戻り売りが増える可能性があるものの、信用取組が拮抗しているため、高値水準を抜けば意外に大きな相場に発展する可能性があるようだ。

記事中の会社を詳しく見る

セコム (9735)

ページトップ