きょうの動意株

カイオム・バイオは急反発、新薬候補物質や本日の決算発表に期待

4583 カイオム・バイオサイエンス 株価チャート

 カイオム・バイオサイエンス(4583)は急反発の出直り相場となり、約18%高の2607円(406円高)まで上げたあとも2500円台で強い展開。横浜市立大学と共同で免疫・感染症の治療薬候補になり得る抗体を取得したとの大手産業紙報道が材料視されているようで、10時40分にかけては東証マザーズ市場の値上がり率3位となった。第2四半期の決算発表は本日・5日を予定するため、業績動向への期待もある。同社株は、京都大学・山中教授のノーベル賞受賞を機に盛り上がった「iPS細胞」「再生医療」関連株の物色でも中心的銘柄として人気化し、11月1日には2881円の高値。米大統領選後はドル高・円安一服との予想もあり、円高の再燃を警戒して材料株に資金を置く投資家にとっては注目株のようだ。

記事中の会社を詳しく見る

カイオムB (4583)

ページトップ