きょうの動意株

住友不は後場次第に戻す、需給妙味の強さなど目立つ

8830 住友不動産 株価チャート

 住友不動産(8830)は後場次第に持ち直し、後場寄り後の4720円(90円安)から大引けにかけては一時4810円(前日比変わらず)まで回復。NY株の週明け185ドル安は米国の量的金融緩和の収束を遅らせるとの見方や、円相場の高下の影響を受けにくい銘柄といった見方が言われている。これらは不動産株全体にいえる材料ながら、同社株には信用売り残の逆日歩発生がみられ、財閥系3銘柄の中で需給妙味の強さが目立つようだ。9月9日に4920円の高値があり、これを更新する場面では買い戻しの増加により値幅高相場に発展する期待が出ている。

記事中の会社を詳しく見る

住友不 (8830)

ページトップ