きょうの動意株

減益のもしもしホットライン下落率1位、信用買残の動向に注目

4708 りらいあコミュニケーションズ 株価チャート

 前週末決算発表のもしもしホットライン(4708)は、20%を超える値下がりで前場途中では東証1部の下落率1位となっている。去る、9日には年初来高値1525円をつけたばかりだった。10日(金)発表の決算発表で14年3月期が17.4%減収、営業利益51.5%減益の見通しが嫌気された。1株利益も前期の114.1円から58.0円へ減少し配当も年29円(前期年58円)へ減配の予定。高値から27%下げた1110円台はPER19倍強ととくに割高ではないものの、信用買残が高水準に膨らんでいるため今後はこの信用残の動向が注目される。処分売りが本格化ということにれば1000円前後へ一段安も予想されそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

りらいあC (4708)

ページトップ