きょうの動意株

帝国電機は高値更新、業績はイマイチ不透明だが需給妙味ハヤす

6333 帝国電機製作所 株価チャート

 帝国電機製作所(6333)は後場、8%高の3020円(226円高)で始まり、前場に続き約1ヵ月ぶりの高値更新相場。キャンド(無漏洩)ポンプの国内最大手で、7日に発表した第3四半期(4-12月)決算で経常利益が3月通期の予想を上回ったことがハヤされ、軽量株妙味を発揮した。

 経常利益は前年同期比8.3%増だったものの、本業の儲けを示す営業利益は同16.4%の減益となり、また3月通期の予想も減益のまま据え置いたために受け止め方は強弱分かれる様子がある。ただ、信用売り残に逆日歩が乗るため買い戻しが入りやすい状態のうえ、売り残が多いため、買い戻しが増加した場合は意外高に発展する可能性もある。3000円台は2007年以来になり、実質的には上値での売り圧迫のない青空天井相場と見る向きもある。

記事中の会社を詳しく見る

帝国電機製 (6333)

ページトップ