きょうの動意株

東京電力は一時500円割り売り優勢だが下値圏との見方も

9501 東京電力ホールディングス 株価チャート

 東京電力(9501)は後場寄り後に一時500円の大台を割る場面があり、496円(38円安)まで下押して一進一退。朝方は福島第1原発の汚染水漏出に関して国費による支援拡大の観測が伝えられ反発したものの、地元漁協の操業中断なども伝えられ、売り優勢になったようだ。株価は昨日までで6日続落模様(前日比変わらずが1日あり)。東日本大震災の後は信用売り、信用買いが激増して需給に左右されやすい銘柄に変質しているため、下げ始めると速いとの見方がある。ただ、6月の調整局面でも何度か500円を割りながら500円前後で下げ止まったため、そろそろ下値圏との見方はある。

記事中の会社を詳しく見る

東電HLD (9501)

ページトップ