きょうの動意株

大和ハウスは軟調、フジタ子会社化など好感も「投資判断」に迷う

1925 大和ハウス工業 株価チャート

 大和ハウス工業(1925)は朝方に1076円(67円安)まで下押したあと持ち直し、10時を回っては1090円台で底堅い展開。10日に建設大手のフジタ(東京・渋谷区)の完全子会社化と四半期決算を発表し、野村證券が投資判断を「買い」から「中立」に引き下げ、目標株価は1200円から1280円に引き上げたと伝えられ、気迷い感があるという。今3月期の予想は据え置き、連結純利益は前期比約75%増、1株利益は約100円とした。株価は7月中旬の高値1156円に続き、8月10日の1149円を戻り高値に急反落の様相。決算発表というイベントが通過したため、当面は1000円前後から1150円前後の間でモミ合う相場との見方が出ている。

記事中の会社を詳しく見る

ハウス (1925)

ページトップ