きょうの動意株

旭化成は高値更新、割高感なくジリ高基調の安心感に需給妙味も

3407 旭化成 株価チャート

 旭化成(3407)は前場、571円(12円高)をつけて3日ぶりの高値更新となり、前引けにかけても570円台で堅調。信用売り残・買い残が拮抗して需給妙味があり、前週後半に抗ヘルペスウイルス剤の効能追加承認や、ビル屋上の防水耐用年数を延ばす独自工法などが伝えられ、買い優勢になったようだ。基礎化学品の生産再編効果などに期待する向きもあるようだ。株価は昨年10月からジリ高基調を続け、何となく買い安心感がある様子。PERは16倍台のため、割高感はない水準。軟調な日を狙って投資すれば、値幅はソコソコでも手堅い投資になるとの見方がある。

記事中の会社を詳しく見る

旭化成 (3407)

ページトップ