きょうの動意株

アイフルは下押す、債券が波乱含みで長期金利の1%乗せ懸念

8515 アイフル 株価チャート

 アイフル(8515)は前引けにかけて12%安の1050円(145円安)と下押し、3日続落基調。債券市場が波乱含みになり、長期金利のベースになる新発10年国債の利回りが上昇(価格は下落)し、一時1.0%をつけて1年2カ月ぶりの1%台と伝えられたため、潮が引くように値を消す展開になった。株価はPER18倍台で、東証1部平均をやや上回る水準。このところは、日銀の政策を背景に金利低下の期待が支えだっただけに、不透明感が強まったという。日経平均も朝方の一時300円高から前引けにかけては一時100円安。大手銀行株も軟調だが、銀行は金利水準の上昇が「預貸利ザヤ」好転につながるため、資金を移す動きがあるようだ。

記事中の会社を詳しく見る

アイフル (8515)

ページトップ