きょうの動意株

米久は急伸のあと一進一退、自社株買い好感するが戻り待ちの売り

 米久(2290)は大幅反発の始まりとなり、朝寄り後に約9%高の764円(60円高)をつけたあとも750円前後でしっかり。昨日発表した自社株買い(自己株取得)を材料に、ユーロ安・円高、NY株安などで輸出関連株を買いづらい資金が集まったという。取得上限株数は150万株。自己株式を除く発行済株式総数に占める割合が5.64%と比較的大きいことが注目されている。ただ、株価は急伸のあと一進一退。1月の高値786円の前後で買った向きから戻り待ちの売りが出ているようで、これを抜けないと、再び荷もたれ感が強まる可能性があるという。前引けから午後の相場が注視されている。

ページトップ