きょうの動意株

サンフロンテ不動産が高い、米系の不動産投資再開観測を材料視

8934 サンフロンティア不動産 株価チャート

 サンフロンティア不動産(8934)は1万4360円(460円高)で始まり、あと1万4950円と上値を追う展開。9時35分を回っては6.9%高の1万4860円となり、東証1部の値上がり率5位前後となっている。米ゴールドマン・サックス・グループが日本で4年ぶりに不動産投資を本格化させるとの今朝の大手経済紙報道を材料視。値動きの軽いイメージがあり、PER9倍台などの割安感もあるという。株価は3月に高値1万9490円をつけて以降、調整は2カ月におよび、ここ2週間は1万4000円前後で下げ止まる相場。目先的には1万6000円どころまで上値余地があるとの見方が出ている。不動産株は軒並み堅調。

記事中の会社を詳しく見る

サンフロ不 (8934)

ページトップ