市場経済ニュース

失業率は4.6%で前月比0.1ポイントの3カ月ぶり上昇【4月労働力調査、一般職業紹介状況】

 総務省統計局は29日、2012年4月分の労働力調査を発表した。完全失業率(季節調整値)は4.6%となり、前月比でプラス0.1ポイントと3カ月ぶりに上昇した。完全失業率は2011年9月の4.2%を底に悪化し、このところほぼ横ばい状態が続いている。総務省統計局では「自発的な離職が多く、求人は増えていることから、必ずしもネガティブな結果とはいえないが、雇用情勢は一進一退の状況が続いており、今後の動きに注視が必要」と判断している。

 季節調整値の内訳を見ると、完全失業者数は299万人で、前月比で2万人増加した。リストラなど、「非自発的な離職による者」は前月に比べて2万人増加し、「自発的な離職による者」は9万人増加した。雇用者数は前月比5万人減の5481万人となった。

 非労働力人口は4547万人で前月比13万人増加した。就業者数は同16万人減少して、6255万人となった。これは前月に続き、団塊世代が65歳になり、労働市場からの退出が始まっているためとみられる。男女別に見ると、女性の非労働力人口は前月比2万人の増加で2977万人、男性は11万人増加し、1570万人となっている。

 原数値で発表されている産業別の就業者数の増減を見ると、卸売業・小売業で前年同月比30万人が減少、製造業で同26万人が減少、運輸業・郵便業でも同19万人が減少した。一方、医療・福祉で同35万人が増加、建設業で同20万人が増加している。建設業は前月からプラスに転じ、復興需要の増加が寄与しているものと思われる。

 前年同月比で製造業や卸売業・小売業は昨年9月以降、宿泊業・飲食サービス業は11年3月以降マイナスが続いている。一方、医療・福祉はプラスが続いている。

 同日発表された都道府県別の1-3月期失業率について、あくまでも推計値であるが、東日本大震災で被災した岩手県は5.1%、宮城県は5.8%、福島県は4.8%と高いものの、前年同月比ではそれぞれ0.7ポイント、0.1ポイント、0.6ポイント改善したとされている。

 一方、厚生労働省が同日に発表した一般職業紹介状況(公共職業安定所、いわゆるハローワークにおける求人、求職、就職の状況)によると、4月の有効求人倍率は0.79倍(季節調整値)で、前月を0.03ポイント上回った。新規求人倍率は1.28倍となり、前月を0.09ポイント上回った。新規求人(原数値)は前年同月比で14.2%の増加。産業別に見ると、宿泊業・飲食サービス業で30.5%増、卸売業・小売業で19.6%増、サービス業(他に分類されないもの)で17.7%増などとなった。

(大崎明子 =東洋経済オンライン)

ページトップ