きょうの動意株

日産自1000円割って底堅い、生産実績好調で燃料電池車も期待

7201 日産自動車 株価チャート

 日産自動車(7201)は10時にかけて985円(21円安)前後での推移となり、取引時間中としては9月26日以来の1000円割れとなった。海外から円高基調が強まり、対ユーロでは前週末から2円近い円高。日経平均の一時300円安や自動車株の全面安には逆らえないようだ。ただ、期待材料としては、燃料電池自動車の普及に向けて千代田化工建設(6366)が大規模な水素燃料供給基地を建設すると今朝の大手経済紙が伝えており、ハイブリッド車より燃料電池車に注力する同社にとっては好材料。下値を拾う動きは少なくない様子だ。株価は6月の安値958円を底に8月は980円前後で下げ止まっており、チャート重視なら下値圏の仕込み場。8月の生産実績は世界生産台数と海外生産台数が過去最高になり、円相場の反転と同時にリバウンド高が発生するとの読みがあるようだ。

記事中の会社を詳しく見る

日産自 (7201)

ページトップ