きょうの動意株

キヤノン4000円へ接近、トヨタに代わって牽引役とも

7751 キヤノン 株価チャート

 キヤノン(7751)は年初来高値を更新し4000円へ急接近となっている。20日まで6営業日連続高したあと、前日の相場が5円安にとどまったことから改めて強さが注目されたようだ。「3月期決算の発表がほぼ終わり、6月決算銘柄に目が向いている。6月中間決算で通期の増額があるかどうか楽しみだ。未定となっている中間配当も期待できる」(中堅証券)という。今12月期については14.4%増収、営業利益38.0%増益の見通し。従来予想時点より円安の進んでいることから予想を上回る可能性はありそうだ。現時点での予想1株利益は251.5円で、PER15倍台と増額の可能性を見込めば買い余地はあるだろう。「トヨタ自動車に代わってキヤノンがマーケットを牽引することも予想される」(同)。

記事中の会社を詳しく見る

キヤノン (7751)

ページトップ