きょうの動意株

コマツは中国のCPI受け軟調だが円安進み買い戻しに期待も

6301 コマツ 株価チャート

 コマツ(6301)は軟調な始まりとなり、寄りあとの2169円(6円安)を上値に2145円と上値の重い相場になった。昨日発表された中国の1月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比4.5%上昇と伝えられ、金融緩和観測が後退。中国景気に敏感な銘柄の代表格として見送り姿勢があるという。株価はここ微調整の動きとなっており、2月7日に2240円の高値をつけ、昨日は一時2128円まで軟化した。ただ、本日は円安が進んでおり、週末に海外で一段と円安が進行する可能性も捨てきれない状況。信用売り残に逆日歩が発生する状態のため、週末特有の買い戻しに期待する向きもあるようだ。

記事中の会社を詳しく見る

コマツ (6301)

ページトップ