きょうの動意株

減額の電算は東証1部下落率1位、昨年秋から急伸の反動も

3640 電算 株価チャート

 減額の電算(3640)が、16%を超す下げとなって朝方の東証1部下落率で1位となっている。前週末(15日)に今3月期の減額を発表している。売上で8億円、営業利益で8億8000万円、純益で5億3200万円、それぞれ減額した。「大規模な法制度改正対応が見込めないことと、第1四半期に発生した当初の予定原価を超過するシステム開発案件の影響を挽回できなかった」(会社側)という。修正後の1株利益は68.5円の見通し。なお、配当は1部上場記念3円を加え合計年53円とする予定。去る、5日には3280円の高値をつけ昨年秋から3倍を超える上昇となっていた反動も出ているようだ。

記事中の会社を詳しく見る

電算 (3640)

ページトップ