きょうの動意株

DNAチップ研究所はストップ高、「ホットマネー」活発化も注目

2397 DNAチップ研究所 株価チャート

 DNAチップ研究所(2397)は朝方ストップ高の5万5000円(7000円高)に達したまま大引けまでストップ高気配を続け、買い圧倒。学習塾株や住宅株に新政策の材料が続いているため、安倍首相が昨年末、新薬承認の手続き迅速化などに言及したことがあるとして、期待が広がったようだ。新興市場は日経JASDAQ平均が2008年来の1500円を目前にとらえ、東証マザーズ指数も2011年以来の500ポイントに接近。本日はバイオ関連株に物色が集まった。全体相場の回復により、市場に滞留する「ホットマネー」が本格的に暖まってきたとの期待が出ている。こうした相場では、PERやPBR、あるいは値動きでも、出遅れ感のある銘柄が次第に買われる傾向があるという。

記事中の会社を詳しく見る

DNA研 (2397)

ページトップ