きょうの動意株

住阪セメントは新高値、太平洋セメより割安で500円は先に到達も

5232 住友大阪セメント 株価チャート

 住友大阪セメント(5232)は、14円高の431円と昨年来高値を連日で更新している。業績好調に加えマーケットでは太平洋セメント(5233)に対する割り負けが指摘されている。「2012年秋から昨年高値まで太平洋セメントは約2.8倍の上昇となったのに対し、住友大阪セメントは今日の高値でもまだ62%の上昇にすぎない。PERでも住友大阪の割安が目立っている」(中堅証券)という。

 太平洋セメントの予想1株利益は17.1円で今朝の株価384円はPER22.4倍、一方の住友大阪は1株利益26.4円でPER16.3倍だ。太平洋セメントは復興関連の有望株として人気があるが、昨年10月の高値436円が上値のシコリとなっており需給関係のよさという点では住友大阪が勝っている。足元での株価の勢いからみて500円相場は同社株が先につけそうだとの指摘も聞かれた。

記事中の会社を詳しく見る

住友大阪 (5232)

ページトップ