きょうの動意株

石井鐵工は連日高、原発の貯水タンクなど連想材料に需給妙味

6362 石井鐵工所 株価チャート

 石井鐵工所(6362)は朝寄り後に290円(24円高)をつけて続伸の戻り高値となり、5月下旬以来の280円台を回復。小型軽量株のイメージがあり、福島第1原発の貯水タンクの増設などに思惑が強まっているようだ。昨日は、7月の貿易赤字の拡大を受けて火力発電用エネルギーの輸入増加や貯蔵施設の整備需要などに連想が波及し、終値で34円高。PERは20倍に達するものの、日証金ベースの売り買いが拮抗して需給妙味が強いため、多少の割高感は先高期待などの上乗せ分として織り込み済みの様子がある。300円台回復が意識されているようだ。

記事中の会社を詳しく見る

石井鉄 (6362)

ページトップ