きょうの動意株

佐田建設は小幅続落も高値圏で頑強、関東に強く復興需要にも期待

1826 佐田建設 株価チャート

 佐田建設(1826)は小幅続落ながら高値圏で値を保っている。9月20日に年初来高値145円と買われ07年7月以来の水準まで上げていた。「関東圏の受注が多くオリンピック関連と位置づけることができるし、東北営業所再開で復興需要取り込みにも成功している」(中堅証券)という点が注目されている。配当年1円、PER22倍など投資指標的には上値限界といえるが、オリンピック関連銘柄として見直される可能性はあるだろう。ただ、15日線を下回っただけに次は30日線(104円程度)接近をメドに押し目買いがよいだろう。

記事中の会社を詳しく見る

佐田建 (1826)

ページトップ