きょうの動意株

熊谷組が一気に戻り高値、トンネル事故を受け建設株が急動意

1861 熊谷組 株価チャート

 熊谷組(1861)は買い気配で始まり、19%高の92円(15円高)で売買成立。中央自動車道の笹子トンネル(山梨県)で2日に発生した天井崩落事故を思惑材料に、一時、東証1部の値上がり率1位となって、一気に戻り高値を更新した。今朝は、建設株が一斉高となり、熊谷組に続いてハザマ(1719)が値上がり率1位になるなど、トンネル工事に強いとされる銘柄の動意が活発。12月のいわゆる「モチつき相場」では、材料株が交互に動き出して循環物色が活発化する傾向があるだけに、建設株にも好機到来との期待が強まったようだ。ただ、事故そのものは好材料ではないだけに、やや複雑な気持ちもあるようだ。

記事中の会社を詳しく見る

熊谷組 (1861)

ページトップ