きょうの動意株

UMNファーマが売り気配、アステラスがワクチン開発断念

2017年01月11日
4585 UMNファーマ 株価チャート
10/20
15:00
時点

296

前日比
+7(+2.42%)

年初来高値 1,053.0(17/01/04)
年初来安値 225.0(17/04/04)

 東証マザーズのUMNファーマ(4585)が売り先行。午前9時17分現在、前日比105円(10.3%)安の919円での売り気配となっている。10日引け後、アステラス製薬(4503)からインフルエンザHAワクチン「UMNー0502」と「UMNー0501」の共同開発事業に関し、解約権を行使する申し入れを受けたと発表。これが嫌気されているようだ。

 アステラスは2014年に「UMNー0502」の製造販売承認を申請し、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が審査を行っていた。今般、PMDAから同社に、本剤の臨床的意義は極めて乏しく審査を継続できないとの見解が示され、これを受けて開発を断念した。

 この件による今2017年12月期業績や中期経営計画への影響は現在精査中としている。

予想PER ---倍 PBR -0.33倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証マザーズ 売買単位 100 株 ※ 現在値
Copyright Toyo Keizai, Inc., all rights reserved.
Copyright Quants Research, Inc., all rights reserved.
東洋経済新報社 クォンツ・リサーチ