2040
  • 四季報ページ
  • 株主優待制度なし
2042 
みんなの株式
Kabutan
東他   信用 株価予想(みんかぶ) 決算速報(株探) ETN
・ETN (Exchange Traded Note)は「指標連動証券」と呼ばれ、JDR形式で上場している金融商品です。
・ETNはETFと異なり、裏付けとなる資産を保有せず、発行体となる金融機関の信用力を背景として発行されるため、発行体の倒産や財務状況の悪化等の影響により、ETNの価格が下落または無価値となる可能性があります。

ETNのリスク情報はこちら

閉じる×
インバース型
・インバース型指標は、変動率が原指標の日々の変動率の-1倍(または-2倍)となるように算出されています。
・前営業日と比較した変動率は原指標の-1倍(または-2倍)となりますが、2営業日以上離れた期間では必ずしも変動率が-1倍(または2倍)となる訳ではありません。
・特に原指標が上昇・下落を相互に繰り返す場合、複利効果によりインバース型指標が逓減していくという特性があります。
・中長期にわたって投資をする場合、原指標の変動率とインバース型指標の変動率の乖離が大きくなる可能性がありますのでご留意ください。

インバース型のリスク情報はこちら

閉じる×
2041 NEXT NOTES NY ダウ・ベア・ドルヘッジ ETN

【特色】指数の変動率が、ダウ・ジョーンズ工業株価平均(トータルリターン、円ヘッジ)の前日比変動率(%)の-1倍となるように計算された、ダウ・ジョーンズ工業株価平均 インバース(-1倍)・インデックス(円ヘッジ・トータルリターン)を連動対象とします。

四季報バックナンバーPDFを見る 

四季報PDFはありません

【カテゴリー】レバレッジ・インバースETN

【対象指標】ダウ・ジョーンズ工業株価平均 インバース(-1倍)・インデックス(円ヘッジ・トータルリターン)

【対象指標の概要】ダウ・ジョーンズ工業株価平均 インバース(-1倍)・インデックス(円ヘッジ・トータルリターン)は、日々の騰落率をダウ・ジョーンズ工業株価平均(トータル・リターン、円ヘッジ)の騰落率の-1倍として計算された指数で、2007年12月31日の指数値を1,000ポイントとして計算されています。

→さらに詳しく(東証マネ部!)

【上場年月】2013/10/28

【分配金支払基準日】-

【1口分配金】-

【発行会社】 ノムラ・ヨーロッパ・ファイナンス・エヌ・ブイ

【売買時手数料】証券会社により異なります

【管理費用(税抜)】 0.8%

【残存償還価額総額】 45.04億円 (10/31)

【受益権口数】800,000口 (10/31)

20分遅れ

5,600


前日比

-10 ( -0.18% )

( 2017/11/21 10:57 )

始値 5,590 (09:00)
高値 5,600 (10:55)
安値 5,580 (09:50)
年高 6,770.0 (17/01/20)
年安 5,540.0 (17/11/07)
出来高 1,471
売買代金 8百万円
22日平均 37百万円
Indicative NAV 5,622.74円
(11/20)
乖離率 -0.23%
分配金利回り ---
売買単位 1
※前日市場価格÷Indicative NAVの割合を表示
東証マネ部

ライバル比較

  株価 前日比 前日比%

分析対象ではありません

(百万円) 売上高 時価総額

分析対象ではありません

  PER PBR 配当利回

分析対象ではありません

ページトップ